Author: adminy

天王洲アイル

その背景とは  天王洲アイルは品川の臨海部にあり、複数のオフィス商業複合ビル、商業店舗、飲食店、アートギャラリー、イベントスペースなどからなる再開発街区です。 江戸時代末期に江戸防衛のため築造された第四台場をベースとして埋め立てが進んだことにより造成された約20万平方メートルの島です。1980年代以前は企業各社が倉庫や物流センターを保有する地域でしたが1985年に民間最大規模の都市開発が始まり「人間の知能と創造性に働きかける環境づくり」をコンセプトに開発を進めていました。 埋め立て前の天王洲は海中の土砂が堆積してできた州でした。名前の由来は1751年海であった頃に、漁師の網に牛頭天王の面をこの海域から引き上げたことが、「天王洲」の地名の由来となっている。又、アイル(isle)とは英語で「小島」を意味する言葉でこの地が東京湾のウォーターフロントの良き景観に恵まれたロケーションであるためこの名前がつけられました。 アーバンリゾート 恵まれたロケーションを最大限に生かした運河沿いのおしゃれな空間ではアーバンリゾートとして名高く来街者に親しまれています。特に島を取り囲むボードウォーク(板張りの遊歩道)は天王洲アイルの名物として沢山の人々の憩いの場となっています。又、1990年初頭の完成当時より現在までに至りテレビドラマや映画、TVコマーシャルの撮影に頻繁に使われるロケーション撮影の名所にもなっています。ここでは 文化施設も多くあり客席数746席の銀河劇場は舞台と客席の距離が最大でも20メートルという舞台の迫力がダイレクトに伝わる理想的な劇場として演劇やミュージカル、音楽、ダンスなど幅広いジャンルのエンターテインメントを発信しています。その他、ギャラリーや多目的ホールを備えたビルが複数存在してアートの街としても認知されています。レストランやショップは各商業施設の1,2階に来街者からは路面店のように見えるように配置されています。オフィス利用者のみならず隣に居住する人にも利用しやすい工夫もされています。各ビルの足元に開放された公開空地の多くが「東京のしゃれた街並みづくり推進条例」の指定を受けた影響下で、マルシェやキッチンカーなどの賑わい創出も積極的に取り組まれています。超都心部に近接しており羽田空港へのイージーアクセスで鉄道に関しても東京モノレール羽田空港線とりんかい線の2つの利用が可能でスムーズに運航していて便利です。 Read More

八景島シーパラダイス

そのロケーション 八景島シーパラダイスとは 神奈川県横浜市にある水族館・遊園地・ショッピングモール・ホテル・マリーナなどで構成している子どもから大人まで1日楽しめる複合型海洋レジャー施設です。年間利用者数300万人を超える人気のアミューズメントパークです。その歴史は1988年、西武鉄道グループを中心とする9社により事業が開始して横浜市が人口島である八景島を造成し、一部を株式会社横浜八景島に貸し付けたのが始まりです。水族館への入館やアトラクション利用には料金が発生するも、八景島そのものは横浜市が管理する公園の為、入島は無料です。四季折々のイベントが盛りだくさんで夏は花火、冬はイルミネーションなどどの季節に行っても楽しめるのが最大の魅力となります。 アトラクションでは 個性ある4つの水族館からなる「アクアリゾーツ」は、海のすばらしさに感動し生き物とのふれあいで癒やされ自然の海との触れあいを体感できます。海の魅力を全て堪能できる場所です。1つ目は「アクアミュージアム」。ピラミッドの様な外観で700種類、12万点の生き物たちが生活する日本最大の水族館です。様々な海の生きものたちが見られる他にアシカのコミカルなパフォーマンスやイルカたちのダイナミックなジャンプなどを間近で楽しめるショーがあるアクアスタジアムや半球型ドームスクリーンに多様な環境で暮らす生きものたちの生き生きとした映像を大迫力で楽しめるアクアシアター等も。2つ目は「うみファーム」。海の生きものたちを育てる・獲る・食べることを通じて、海の環境を身近に感じ、考えることを「海育」と名付け、これをコンセプトとした水族館。3つ目は「ふれあいラグーン」。イルカたちの水槽に手を入れてふれあうことが出来るゾーンやペンギンやセイウチなどがユニークでコミカルなパフォーマンスを繰り広げ、動物にタッチしたり一緒に記念写真を撮ることができるゾーンもあります。4つ目は「ドルフィンファンタジー」。より自然の海に近い状態を再現したアーチ水槽で、イルカが泳ぐ姿やジャンプする様子、魚たちが群れて泳ぐ姿を海の中から見れる正に海底散歩をしているかのような感覚を体験が出来ます。遊園地では、ジェットコースターなどの絶叫系からメリーゴーランドなどのゆったり楽しめるものまで、1日中遊べるアトラクションが豊富です。目の前に港が広がる海岸通りにはレストランもあり。 Read More

築地市場

ロケーション 築地市場は東京都中央区築地にある公設の卸売市場で東京都内に11か所ある東京都中央卸売市場の1つです。築地市場は「場内市場」と「場外市場」と呼ばれる2つが存在して「場内市場」は簡単に言うと、プロの買い付け人たちが買い物をする場所です。主に競りや卸売用の生鮮食品などの販売が行われています。取り扱う品目は水産物、青果、鳥卵、漬け物、各種加工品(とうふ、冷凍食品等)。特に水産物の取り扱い規模は世界最大級で築地市場による値段が全国の他の市場での取引の参考価格になると言われています。「場外市場」は一般の人が買い物や食事を楽しめるような場所。業者や寿司屋の人たちが業務用の買い出しにも訪れるので、プロの人たちからも信頼が厚い高品質の商品を一般の方でも購入することが出来るのが魅力。1953年から2018年まで83年間にわたって使用されていたが、施設の老朽化が進み、現在地での再整備がコストや流通環境の変化に対応するためには難しくなったため、場内市場は2018年10月に豊洲市場に移転しています。しかし場外市場は移転していないため、以前と変わらずに買い物や食事を大いに楽しむ事が可能。 そのルーツとは  築地のルーツは江戸時代まで遡ります。江戸城の主となった徳川家康は大阪から漁師たちを呼び寄せて漁業権を与えました。漁師たちは魚を幕府に献上させ余った魚を日本橋で売るようになりその後、江戸の賑わいとともに「魚河岸」として発展して魚市場の隣に練り物や海苔、鰹節などを商う店が軒を連ねたのです。明治時代には各地に民営の市場が開設され都市の人口が増えると取扱量や業者の数が増えて取引が乱れ不衛生な状況下で公設の中央卸売市場を望む声が高まりました。大正時代に「中央卸売市場法」が制定され近代的な市場が整備される事の矢先に不運にも関東大震災が東京を直撃して日本橋の魚市場も大きな被害を受けたのです。その代替として築地の海軍省所有地を借り受けて臨時の東京市設魚市場を開設。これが築地市場の始まりでした。以来、日本の台所として全国から魚介類や青果を集散する世界一の卸売市場となったのでした。 食のプロも買い付ける品質のよい新鮮な魚を買うならお昼前の来場がお薦めとなります。寿司や海鮮丼の他にも多彩な絶品グルメが楽しめ飲食店だけでなく食料品や台所用品など販売するお店も軒を並べています。場内市場移転後も築地ブランドは生きる事でしょう。 Read More

お台場★観光スポット

近未来都市 お台場と聞いて何を連想するでしょうか?そこは東京の中でも新しい街。お台場は一つの商業施設コンテンツといっても過言ではないでしょう。お台場は東京湾に浮かぶ人工島でハイテクの娯楽施設が集うエリアです。「お台場カジノ構想」を掲げてカジノ誘致にも積極的なエリアとなっています。日本ではカジノに馴染みがないかもしれませんが、世界中で人気のレジャースポットとなっており、お台場もその誘致で盛り上がろうとしています。最近ではオンラインカジノとして自宅からプレイする人も増えていて、インターネット上ならベストオンラインカジノを一瞬で訪問することができます。お台場には近未来的なゆりかもめで行くことも、徒歩または車でレインボー ブリッジを渡って行くことも可能。お台場海浜公園の砂浜でのんびりと大観覧車から富士山を眺めて日本科学未来館を訪れてロボットと触れ合うなど、レクリエーションが満載。ベネチアをテーマにしたヴィーナスフォートやアクアシティやなどのショッピング モールもあり摩天楼が連なる都心の景観を楽しめる屈指の観光スポットなのです。 一押しスポット 一押しスポットをご紹介するとまず「パレットタウン大観覧車」は、お台場のシンボル的な存在です。直径100m、最高地点がなんと地上115mと日本最大級の観覧車。ゴンドラは全部で64台ありそのうち4台がシースルーで、床も壁も透明なガラス張りなので、スリルを味わいたい人にはシースルーがお薦めです。ゴンドラ内でARの観光案内を体験できる「そらでなび」では、隠しアイコンを見つけると打ち上げ花火の映像が楽しめます。夜にはイルミネーションが点灯し、東京タワーや東京ゲートブリッジなどベイエリアのロマンチックな夜景を堪能夜になると浮かび上がる「七色の光のハート」を堪能出来てデートにもピッタリだ。 もう一つはチームラボ ボーダレス、新しく誕生したエンターテイメント施設です。 2018年6月にオープンした「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless(森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス )」。 ここでは、世界で活躍するウルトラテクノロジスト集団である「チームラボ」が手がけた、約50のデジタルアート作品を楽しむことが出来ます。チームラボ ボーダレスの魅力は鑑賞する人の存在や動作に合わせてアート作品が変化するところ。滝の映像に触れると指先を避けるように水が流れ落ちたりじっと立ち止まる足元で花が開いたり。「ランプの森」では人の存在を感じ取ることでランプの明るさや色合いが変わっていきます。又、キッズとのお出かけにぴったりなのが「未来の遊園地」。ここでは手のひらにデジタル世界の小人が飛び乗ったり自分の描いた絵がまるで生きているみたいに泳ぎまわったりします。ここで子供達は未知の体験の世界に目をキラキラ輝かせてくれることでしょう。 Read More

横須賀

異国情緒に溢れた町 港町のイメージが強い横須賀、アメリカ軍の基地があることなどからも独特な雰囲気がある場所といえるでしょう。ディープな商店街から家族ずれで楽しめる公園など魅力は幅広く海軍カレーなどのグルメもお勧めです。そんな横須賀について紹介しましょう。神奈川県南東部に位置する三浦半島の大部分を占め、市域の東側は東京湾、西側は相模湾に面します。市内の行政・経済的都市機能が集中する東京湾岸には大工場や住宅群が密集していますが相模湾岸には自然が多く残され以外にも農業も盛んです。市内中心部から東京都心までは京急本線で約1時間とJR横須賀線で約1時間10分。また横浜横須賀道路など地域高規格道路が整備されており、車では東京国際空港まで約1時間、東京都心へは1時間15分程度とアクセス面でも便利です。 軍施設 東京湾の入口に位置するため江戸時代から国防の拠点とされ軍港都市として栄えました。現在もアメリカ海軍第7艦隊横須賀海軍施設および海上自衛隊自衛艦隊・横須賀地方隊および陸上自衛隊武山駐屯地・久里浜駐屯地などの基地が置かれており又、自衛隊関係の教育施設も置かれています。観光的な側面でみると文化都市をスローガンに「交流人口」(仕事やレジャーでの流入人口)の増加、そして「また来てもらえる街」を目指しています。施策として横須賀リサーチパーク (YRP) 開設やよこすか海辺ニュータウン、海軍カレー、ヨコスカネイビーバーガー(ご当地バーガー)による街興しや映画撮影や市内が登場するアニメ作品の誘致やタイアップ企画など観光施設の整備などが積極的に行われています。 基地があることから、横須賀港では度々日米の軍艦を目にする事やクルージングツアーなども行われており横須賀ならではの軍港クルーズは一押しです。 代表的なスポットといえば「三笠公園」です。園内に4つの広場がある、横須賀のシンボル的公園。中央広場には日露戦争で活躍した戦艦「三笠」が保存され、乗艦して見学することも可能。「水と光と音」をテーマに音楽に合わせて水が踊る噴水や、流れ落ちる水の中から壁画が浮かび上がるダイナミックな壁泉などもあり夕方にはライトアップされた幻想的な雰囲気を楽しめます。「日本の都市公園100選」「日本の歴史公園100選」にも選出されて観光に訪れた際は是非、足を運んでいただきたいスポットです。[営業時間]4月~10月 8:00~21:00 / 11月~3月 9:00~20:00 / 無休・無料 Read More

横浜★観光

その歴史 横浜が開港するきっかけとなったのは日米修好通商条約でしたが実は開港地は神奈川の予定でした。しかし、東海道沿いに位置する神奈川を開港すると外国人との間にトラブルの発生する恐れがあった為に横浜に変更されて開港に至った訳です。横浜は水深があり大型の外国船が入港するには申し分無かったのですが一帯は開発のし易い新田地帯であり後に市街地として急速な発展を遂げる要素が満たされていた所以、開港されるとアメリカと同様の条約を締結したオランダ・ロシア・イギリス・フランスの5ヵ国と交流も始まりました。横浜は貿易港としての町独特の様相を呈していきました。又、1868年(慶応4年)までの9年間にポルトガル、プロシァ、ベルギー、スイス、イタリア、デンマークといった国々と通商条約を結んで横浜はより異国人と交流を深めることとなったという歴史があります。それからは内外を問わず、色々な目的を持った人々が訪れるようになり大変に賑わったのですが、開港されたとはいえ当時の横浜には交渉事に使用するに相応しい場所など無く現在の開港資料館にあたる水神の森の脇に応接所を急遽建設して数々の交渉の場となっていきました。開港資料館内には、関東大震災の時に、根本まで焼けたが見事な再生を遂げました。横浜の歴史の生き証人とも言うべき玉楠の木が現在も存在します。 横浜観光スポット 横浜は日本でも有数の観光地でありベイエリアとして有名です。東京都心からのアクセスも良くランドマークとして年中問わず大勢の観光客で賑わっています。様々な観光スポットがありますが中でも人気なのが「横浜中華街・チャイナタウン」です。いくつか日本にも中華街がありますが横浜中華街を最初に思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。華やかな門に囲まれた中華街の中ではグルメ・イベントと本場の中国文化を肌で感じることが出来ます。 そして忘れてはならないのが横浜を代表する観光スポットと言っても過言ではない「横浜赤レンガ倉庫」です。JR京浜東北・根岸線「桜木町駅」から徒歩15分、横浜高速鉄道みなとみらい線「馬車道駅」、「日本大通り駅」からは徒歩6分のところにあります。芸術文化の発信拠点として年中昼夜問わず様々なイベントは行われています。カフェやレストランも多くあり関東屈指のデートスポットとしても人気な赤レンガ倉庫。横浜観光の際に是非、足を運んでいただきたいものです。 Read More

東京ディズニーシー★観光

世界有数アミューズメントパーク 世界中の多くの人が愛してやまないディズニー、そのアミューズメントパークといえばディズニーランドです。日本ではオリエンタルランド社が経営しており世界には6か所ディズニーランド(ディズニーリゾート)が存在します。しかし海をテーマにしたディズニーリゾートは日本オンリーでそれが東京ディズニーシーなのです。東京ディズニーランドに隣接していて日本が誇る大規模なアミューズメント施設と言っても過言ではないでしょう。場所は東京といいつつ、千葉県の舞浜駅に位置しており来場者数は右肩上がりです。東京ディズニーランド及び東京ディズニーシーの2018年度の入園者数の合計が前年度比8.2%増加し過去最高の3255万人になったと発表されています。日本の殆どの人が一度は行ったことがあるともいえるディズニーリゾートでディズニーシーが爆発的な人気であることは間違いないでしょう。 その魅力 何といってもディズニーの世界観を見事に再現したアトラクションの数々、レストランや華やかなパレード、そして四季折々のイベントが最大の朝8時の開園から夜10時までの楽しみ方は枚挙にいとまがない。又、ディズニーホテルやお土産を買うショップも充実しているので地方から遊びにくる人も多いことに加えて何度言っても楽しい年間パスポートを購入して出来るだけ多く足を運ぶ人も続出です。加えて最新情報で2019年7月23日(火)、東京ディズニーシーに新しい大型アトラクションが登場します。その名も、「ソアリン:ファンタスティック・フライト」このアトラクションは、海外のディズニーテーマパークで高い人気を誇る大型アトラクション「ソアリン」に、新たなシーンが加わった東京ディズニーシーオリジナルのアトラクション。 お子さまから大人の方まで幅広い世代にお楽しみいただけるシミュレータータイプのアトラクションでライドに乗って風や匂いを感じながら、世界中の名所や大自然をめぐる雄大な空の旅をエンジョイできます。このように常に進化する、新しいものが生まれるということも人々を魅了して止まない所以でしょう。他の娯楽施設が集客に力を入れる一方でディズニーシーは安定しており他の施設とは比にならない程の来場者数が多い事でも有名。更に面白いエンターテインメント施設を目指し世界有数のディズニーリゾートこれが東京ディズニーシーなのです。 Read More

東京湾付近の島

無人島 東京湾に面した無二の無人島である猿島は魅力溢れる観光スポットです。猿島ではバーベキューや釣り、貴重な歴史遺産散策、磯遊びと何といっても夏には海水浴などを楽しむアイランドなのです。京急線「横須賀中央」駅から徒歩と船で約30分と気軽に行ける観光スポット! 四季折々の魅力あふれる無人島でとっておきの時間が過ごせる事でしょう。醍醐味の一つは東京湾に浮かぶ無人島で手ぶらBBQでそんなとっておきの体験ができるのがここ猿島。しかも、BBQの機材はすべてレンタルOK。まさに手ぶらBBQが気軽に出来ます。 横須賀市の条例によりコンロ・炭・着火剤等の持ち込みができなくなったのでそこは注意が必要。加えて見どころは要塞を体感できる点猿島にはかつて砲台が置かれ東京湾を守る要の役割をしていた。そう、ここは〝要塞の島〟。当時は一般人の立ち入りが禁止されていたため、貴重な自然や歴史遺産があることから2015年に「国史跡」に指定されました。ビーチからわずか5分歩けば、そこはもう要塞エリア。突如あらわれる重厚な雰囲気に思わず息をのみます。兵舎、砲台、そして長いトンネル。中でも〝フランス積み〟という方式で積み上げられたレンガの建造物は、日本に数カ所しか現存しない貴重なものです。そしてフィッシングと磯遊びはやるべき項目の1つにいれてもらいたい。猿島の魅力は何と言ってもアウトドア体験。周辺一帯が浅瀬になっていて島全体がポイント! また周辺には根が点在しており砂地や海草も入り交じっています。 横須賀市内でも格好の釣り環境。春や秋にビーチから豪快に投げ釣りするのも爽快間違いなし! ハウツーアクセス アクセスとして京浜急行・横須賀中央駅から歩いて約15分。三笠公園に隣接する三笠桟橋から船で猿島に向かう。三笠公園の世界三大記念艦「三笠」は公園のシンボルとなります。海にもたくさんの艦船が浮かんでいる。3月1日から11月30日までは毎日約1時間ごとに船が運航。甲板に出て景色を眺めるのもおすすめです。10分ほどで猿島桟橋に到着。向かいには売店や管理事務所が入った施設が見えて近代的な建物はここのみであとは史跡とジャングルなのです。 東京湾に浮かぶ自然島、遊びにいってはみては如何でしょうか。毎年7月中旬~8月末には海水浴場がオープンします。無人島で、対岸に横須賀の街並みを眺めながら遊べる海水浴場はレアで、夏の間は専属のレスキューチーム在中です。 Read More

水上バス・屋形船

TOKYO CRUISE 東京湾を巡ることができるクルーズサービスの東京クルーズは浅草・浜離宮・豊洲お台場海浜公園・パレットタウン・東京ビックサイトなどがありますが豊洲からは浅草行きの水上バスに乗船することが出来て隅田川を渡るクルーズを楽しめます。吾妻橋や珍しいモニュメントのあるビルの近くを通過して目で楽しむことが出来ます。その他隅田川とうろう流しクルーズ、お花見船、アーリークリスマスナイトクルーズやクリスマスナイトクルーズ、初日の出クルーズなどイベント盛りだくさんでわくわくどきどき! 漫画界の巨匠が手がけた船 「TOKYO CRUISE」の豊洲に発着する船「ヒミコ」と「ホタルナ」は、銀河鉄道999を作品としてもつ漫画界の巨匠「松本零士」先生が監修した船でファンにはたまらない!外観はかっこいいものに仕上がっています。船内アナウンスにも作品のキャラクター「メーテル」「哲郎」「車掌」が出てくるなどファンであれば一度は乗ってみたい水上バスです。デザインも斬新でまさに宇宙船のようなフォルム。水上バスというと座席が並んでいて窮屈なイメージですが「ホタルナ」は船内も広く座席も自由にくつろぐことができるような設計になっていてとても開放的なのは魅力。船上デッキがある為、浅草からお台場へ行く際などはデッキから景観を楽しむことが出来るほか、外部からは中は見えにくくなっているが全面がガラス張りとなっています。中からも外の景観を楽しむことが可能でしかもお酒なども船内販売されているのでクルーズを楽しみながら宴会なんて如何でしょうか。又、ホタルナという名前は松本先生が「新たなる旅立ち」という思いを込めて付けられた名前で、『”月が輝く夜に神秘な輝きを放つ蛍が隅田川を舞う”』の「ホタル」と「ルナ(LUNA/月の女神)」を合わせた言葉が由来となっているそうです。 「ヒミコ」の特徴では「ヒミコ」には船上デッキが付帯されていませんが中は開放的な雰囲気となっておりご家族や友達・恋人と快適な時間を過ごすのも最適。銀河鉄道999に登場するメーテルなどと記念撮影もすることができるのでこちらも原作ファンにはたまらないでしょう。 ヒミコもホタルナ同様に船内で軽食を楽しめるので景観を楽しみながら一杯如何でしょうか。 お台場から豊洲まで約20分と非常に短時間で到着するのでお台場で遊んだ帰りには、のんびり水上バスでクルーズを楽しみながら豊洲に戻ってくる事ができます。 Read More

フェリー観光@東京湾

快適クルーズ 東京湾フェリーは、神奈川県の久里浜港と千葉県浜金谷港の2か所を結んで運行しています。 お住いの場所や房総半島側、三浦半島側それぞれの目的地によって乗下船場所は選択できますが乗船する場合はどちらかの港へ向かう事となります。車やバイク、自転車と一緒に乗船することもできるのでドライブやツーリングのコースに組込んでクルーズを楽しむことも可能。また公共交通機関の利用の場合でも久里浜港へは久里浜駅からのバス路線や浜金谷港は浜金谷駅から徒歩圏内にあり気軽に乗船場所までアクセスできるのも魅力の一つです。 フェリーはどことなく懐かしい昭和スタイルの面持ちで船内は広く設備も充実しています。 前面はガラス張りで眺望抜群の展望席や売店などの船内設備もあり、快適なクルーズが楽しめます。船室内からの雄大な眺望も楽しめますが天気の良い日は外のデッキで潮風を感じながらの船旅がお勧め。甲板や船の後部にはベンチやテーブル席が設置されているので天候が穏やかな日は外に出て潮風を肌で感じながら海を眺めればクルーズ気分もさらに盛り上がること間違いなし!片道40分の船旅なので出港風景や行き交う船を見ているうちにやがて対岸の港が近づいてあっという間にクルーズ終了時間になるでしょう。フェリーの船上からは東京湾の様々な表情を見ることができ、更に眺望の良い日には、三浦半島側の方角に富士山の眺望も可能。天候にはよるが、富士山は房総半島の浜金谷の港からも眺望できフェリーが浜金谷側を出港して三浦半島が近づく暫くの間まで東京湾越しに富士山を臨めます。その他、東京湾の外側には伊豆大島などの島影も アクセス フェリーに乗るには徒歩でのアクセス→京浜急行「京急久里浜駅」下車(港まで約2.1km)  タクシーにて約8分(約800円)です。[京急バス]2番「東京湾フェリーゆき」約10分、「野比海岸ゆき」約12分久7東京湾フェリー行き及び久8東京湾フェリー野比海岸ゆき両方の路線がフェリー港行き。 ◇久里浜港発⇒京急久里浜駅行きのバスダイヤ ※久7京急久里浜駅行き及び久8京急久里浜駅ゆき両方の路線が京急久里浜駅行き。 JR横須賀線「久里浜駅」下車(港まで約2.3km) ・[タクシー]約8分(約800円) [京急バス]5番乗り場 「野比海岸ゆき」約10分(200円) お車でのご来場では横浜横須賀道路の佐原ICより約4km 約10分となります。 Read More

1 2