Category: 旅行

東京湾の歴史

形成と成り立ち 浅い海に続く深海、それが東京湾だという。というのも東京、千葉、神奈川に囲まれた東京湾は正式には房総半島の先端にある州崎と三浦半島の剣崎を結んだ線の北側の海を指します。 しかし、実際のところ千葉側の富津岬と神奈川側の観音岬を結んだ線から北の海を東京湾ということが多いと言えます。東京湾には多摩川や荒川の土砂が大量に運ばれてくるので港湾工事が行われる前は海洋との潮の交換がない内湾では沿岸に干潟と湿地が続き中央部でも水深わずか30メートルほどでした。ところが、外湾に出ると突如深い谷が現れるという地形で水深は一気に600メートルにもなります。なだらかな内湾と深海への谷を併せ持つ東京湾はいかにして形成されたか。成り立ちそのものを見ていく必要があるでしょう。 時代の変遷 水の入れ替えが少ない東京湾。東京湾に入ってきた水が外洋に流れ出るまでの期間は最も短いといわれます。9月から10月で1か月もない。一方で1月から2月は4か月近くも滞留していると言われます。つまり閉鎖性が高くこれは東京湾の湾口が狭いことと、S字型の構造が大きく関わっています。外洋からの海水の流入は伊勢湾や大阪湾などと比べても少なく東京湾で水の入れ替えが早くなる9,10月は関東一帯の雨量が増える時期なので河川からの淡水の流入が増えます。東京湾域でも東京は一番奥まった神奈川県、千葉県は南部を黒潮に洗われ、広義の黒潮文化圏に属します。富津岬を境にして東京湾は内湾と外湾に分けられるが関東大震災後洲が隆起して第一海堡(明治時代に作られた人工島)との間に真っすぐな洲を作っていました。東京湾をめぐる交通網としては湾岸道路の他に東京湾横断道などが進行しそれらに関連してわずかに残された干潟、浅瀬が危機にさらされているとの情報もあります。東京湾と陸域をあわせて今後はどのように対処していくか、計画の見直しが必要となるでしょう。特に最近は阪神大震災の他、関東地域でも地震が次々起こり更にかつて計画された世界都市博覧会の中止、東京の生命線といわれる東京湾埋立て処分場、臨海副都心に森を作ろうという提案など多くの問題を抱えています。東京湾と太平洋を水路でつなぐ計画が提案された事もありました。 産業面でも非常に重要な東京湾ですがその歴史は古く地形としても特殊であり漁業としても人々の生活に密接していたが水質改善も求められています。 Read More

東京湾のイベント

東京湾花火大会 お台場・東京湾を舞台に繰り広げられる「東京花火大祭~EDOMODE~」。江戸と東京の融合をコンセプトに江戸時代に生まれた花火文化と、音楽や食、芸術、テクノロジーといった東京を象徴するコンテンツが一夜限りで開催されます。日本を代表する花火師が集結して音楽や光の演出とともに12000発の花火を打ち上げるほか、市川海老蔵さん(歌舞伎役者)による歌舞伎とのコラボレーションも必見です。東京湾の新たな夏の風物詩といえます。もともとは東京湾大華火祭という花火大会が1988年から毎年夏に行われていましたが会場周辺が2020年に行われる東京オリンピック及びパラリンピックの選手村整備に伴い休止になりました。2018年から事実上の後継ともいえる「東京花火大祭」がお台場で開催されています。 花火師たちが魅せる豪華絢爛なショー 老舗「株式会社 紅屋青木煙火店」、花火競技大会で多数の優勝経験がありステージ花火を得意とする「株式会社マルゴー」、花火競技大会にて最も名誉な内閣総理大臣賞を受賞するなど高い評価を得ている「株式会社イケブン」、江戸時代末期より代々受け継がれた火術師の技をもって世界で活躍する「丸玉屋小勝煙火店」が集結して見事な花火が打ち上げられる。これだけの花火師が集まる花火大会は珍しいでしょう。花火が娯楽として親しまれるようになった江戸時時代と、最先端のテクノロジーやカルチャーを生み出す現代の東京が融合する事で日本の文化を大いに体感できる事でしょう。又、お台場ビーチの有料観覧席からのんびりと花火鑑賞するのがベストポジションかも。ゆりかもめ「お台場海浜公園駅」下車してすぐ、お台場海浜公園内サンセットビーチエリアに設けられた有料席が花火観覧のベストスポットとお勧めする記事もあるほど。プレミアムなガーデンチェア席やベンチ席、椅子席、ゆったりくつろげるシート席などが購入できそれぞれの場所でのんびりと花火鑑賞が楽しめます。又、小学生向けプログラミング教室に通う子供たちによる「子ども花火」も見どころでしょう。子供たちがシュミレーションソフトを駆使してプログラミングしその構成をプロがまとめたという音楽なしの1分間のスターマインはユニークです。当日は16時開場予定なので少し早めに入場して砂浜で遊んだり波の音に癒されたりと夏らしさを大いに体感しましょう。年間通じて様々なイベント開催があり。夏はこの花火大会は必見!! Read More

東京湾お勧め★モデルコース

はとバスクルージング 東京、神奈川県、千葉県に跨った東京湾は海から都市景観を眺められる絶好の景観スポットと言えます。その為、東京湾クルーズは観光客に人気の高いプランのひとつであり様々な観光スポットを効率的に巡る”はとバス”とセットで利用できます。ここではお得に東京湾クルーズを楽しめる”はとバス”とのセットプランの魅力を紹介しましょう。はとバスは東京観光の代名詞ともいえる観光パッケージツアー。そこに東京湾クルーズも加われば東京を満喫できること間違いなし!東京湾クルーズは乗船時間が決まっており遅刻は許されないので要注意!その為、東京湾クルーズの乗船時間に合わせて観光スポットを巡る順番や滞在時間を事前に計算しておかなければいけません。”はとバス”による観光は訪問先や滞在時間、東京湾クルーズの乗船時間も全て計算し、コースが組まれているので心配がないでしょう。東京湾クルーズの集合時間にも遅刻することなく完璧な観光を楽しめます。東京観光の人気プランである”はとバス”と東京湾クルーズのセットプランでは、集合場所が主要ターミナル駅の出口周辺になっているので一度”はとバス”に乗ってしまえば観光スポットや東京湾クルーズの乗船場まで道に迷うことなく行くことが出来るでしょう。又、解散場所もプランに含まれている宿泊施設前に設定しているのでそのあとも移動もスムーズに行うことが出来ます。 オプションツアー 旅において食事は大切な要素です。はとバス東京湾クルーズのセットプランの中には高級ホテルのランチを楽しめるプランもあり午前中に、はとバスで東京を代表する観光スポットを巡った後に高級ホテルのランチを得堪能。その後の東京湾クルーズでクルーズ船のシェフのスイーツを味わいながら東京湾の景観を楽しめます。1日東京観光をしても一人1万円以内で利用できるセットプランもありリーズナブルに東京湾クルーズを満喫できます。その他、東京スカイツリーとお台場を楽しんでからクルージングをするプランや竹芝桟橋からフェリーに乗って東京湾をめぐるプランもあります。隅田川、浅草界隈で東京観光をするもよし。季節によっても風景は多少変わりますが、はとバス観光とクルージングのプランは天候の影響も受けにくいので幅広い年齢の人が楽しめます。とはいえ、納涼船に乗船して花見をするなら春、夏がベストシーズンかもしれません。 Read More

東京湾へのアクセス

湾岸エリア 東京湾は羽田空港に隣接しています。従って湾岸エリアには20分ほどで到着出来ます。車でも電車でも同様に20分程で観光スポットとなる駅はいくつかに到着します。 例えば東京スカイツリー駅や浅草駅、本所吾妻橋駅の下町エリア。本所吾妻橋乗船場が近くにあるので、浅草まで来るのがベスト。東京の人気観光スポット浅草に来たなら屋形船も外せないでしょう。江戸情緒を感じながら屋形船から見るスカイツリーや橋のイルミネーションは絶景です。都心部主要エリアから考慮すると渋谷からは銀座線でダイレクトに行けます。新宿からは山手線で神田まで行きこちらも銀座線で30分ほど。都心部にいる場合は電車で移動してそこから隅田川をみながら東京湾方面に行っても良いかもしれません。湾岸エリアの駅は門前仲町や勝どき。都営大江戸線の駅で高層ビルと下町風情が調和して海鮮の築地市場駅ともんじゃの町である月島駅に挟まれており食べ歩きの拠点にも最適です。その他、お台場駅、東京テレポート駅も東京湾観光には適したステーションです。東京臨海高速鉄道りんかい線の駅の東京テレポートはパレットタウンをはじめショッピングにグルメやテーマパークなど1日中楽しめる施設が近接しています。 エアポートアクセス 羽田空港からは浜松町駅(JR山手線、京浜東北線、東京モノレールの駅。芝大神宮や旧芝離宮恩賜庭園等、古きよき日本を感じられる街)。京急でアクセスするか手前の品川駅が便利でしょう。品川はターミナル駅で様々な路線が通っているのでどこに向かうにも便利でお勧めです。 品川はオフィス街なだけではなく実は沢山の船宿も。 その他、車で行きたいという人は海ほたるパーキングエリアを目指して観光もおすすめです。具体的には高速道路ICでお越しの方は東京湾アクアライン「木更津金田IC」「袖ケ浦IC」首都高速湾岸線「浮島IC」などから行くことが可能です。因みに補足情報で上記にある木更津にはショッピングモールの三井アウトレットパークがあります。三井アウトレットパークはインターナショナルブランドからローカルブランド、日本初出店の新規ブランドまで多彩なショップを揃えておりブランドショッピングをより身近に楽しめる大型商業施設なのです。東京湾アクアラインを渡るとすぐなので、東京から向かっても神奈川や千葉からもアクセスできます。是非、足を運んでみては如何でしょうか。 Read More

東京湾のローカルフード

アラウンド千葉 東京湾を見渡すことが出来る場所は沢山あれどアクアラインを使って千葉方面に行くときはローカルフードともいえる木更津のアサリを使った料理は如何でしょうか?勿論海鮮料理などもあるが今回は木更津のローカルフードを紹介しましょう。 そもそも木更津は東京から千葉に向かうアクアラインを利用して行くのが一般的です。GWから夏場は海岸に潮干狩りに行く人も多く、あさりは貝が取れることは有名です。漁獲量全国六位を誇る千葉県産のあさり、そのあさりを存分に使ったのが「あさりラーメン」です。もはやラーメンは日本を代表する料理で独自の発展を遂げてきたソウルフードですが木更津においてはこのあさりラーメンが一押し!海ほたるパーキングエリアでも食べることが出来ます。フードコートがあるのでそこにはあさりラーメンを提供しているお店があり「あさりラーメン波市」は海ほたるのロケーションから海をイメージして地元食材にちなんだ「あさり」と「あおさ」を使用した塩ラーメンは風味豊かな味わいでお薦めです!営業時間は午前9時から深夜の12時までなのでランチでも夜のドライブの夜食としても楽しむことが出来るのではないでしょうか。 シンプルに見えてあさりのだしが口の中に広がっていく独特な風味。更に「あさりカフェ」というお店がありここではロングセラー商品の「あさりまん」という中華まんを食べることもできます。 あさりまん 海ほたるパーキングエリアでは木更津の名物の「あさり」を使われたメニューや商品が多くありますがその中でも「あさりまん」は海ほたるパーキングエリアの名物で有名です。木更津で採れるあさりは味がしっかりとしていて食感も満足出来ます。お土産用のお持ち帰りパックもあるので「あさりまん 3個入り」1100円もお勧めです。「あさりまん」は、大きめの中華まんで、半分に割るとあさりと磯の香りがしっかりと感じられます。中に入っているアサリはたっぷり入っておりあさりの存在感も抜群!!春雨やキクラゲ、玉ネギ、ニンジンも入っているので具沢山なのでこの風味や食感を是非、楽しんでもらいたい。しっとりとあさりの旨味が全体に染み渡っていく。1個で買うと 350円それに見合ったボリュームもあるので、海ほたるパーキングエリア名物としておすすめです。車中でも東京湾を海ほたるから見ながらでも一息つきながら食べてみては如何でしょうか。 Read More

東京湾のお土産

海ほたる 東京湾のお土産といっても様々な場所から東京湾を眺めることが出来てその場所によってお土産も異なります。ここが東京湾!ということであれば海ほたるは如何でしょうか? 「海ほたるパーキングエリア」は、360°を海に囲まれた全長650メートルの島(木更津人工島)に建設された、世界でも珍しいパーキングエリアです。5階建てで構成されており1階から3階までが駐車場で4階・5階が営業施設となっています。ここでしか観ることのできない東京湾のパノラマビューと売店、レストラン、リフレッシュ施設などを備えた、海に浮かぶショッピングモールなのです。まさに東京湾から臨む東京や千葉の観光名所と言った絶景を楽しめる魅惑のスポットです。 押し商品 ではそこでおすすめのお土産はなにがあるかというと、「ベイ・ブランド」というお土産処があります。名物大漁揚げ・いわしバーグを初め、海ほたるのマスコット「ヒカルくん」など、ここでしか手に入らない房総の特産品・銘菓・アクセサリーなど豊富に取り揃えています。その中でも一番人気は大漁揚げいわしバーグです。1個164円とリーズナブルな価格な上に、数々のテレビで海ほたるのお土産No1.に選ばれた人気商品!揚げたてをその場で食べられますが冷凍パックでの用意もあるということで自宅用などお土産にはぴったりです!更にいくつかランキングの中で1位に輝いたのが「海ほたるプディングバーム」、海ほたるで大人気のお菓子です。 千葉の牛乳を100%と最高級の砂糖である和三盆を使用しており、最高の甘さが感じられるお菓子。海ほたるのお土産では一番の注目を集めているお菓子で、多くのメディアなどにも取り上げられるほどの人気である。海ほたるのお土産では外せないお菓子といえるだろう。非常にボリュームがあるため、何人かでシェアして食べるのがおすすめ。ボリュームがあって、最高においしいと人気のお菓子が1400円程という料金で買うことができるのでお財布にもありがたい。海ほたるで人気ナンバーワンと言える、海ほたるプディングバームを見たら、一度は食して止まない商品です。このようにお菓子などのお土産からグルメとしての一品まで様々あり。海ほたる自体はパーキングエリアだが観光名所ともいえるので車でアクセスする場合は是非足を運んでいただきたいもの。この他、千葉方面や湾岸エリアにいっても素敵なお土産に出会えるでしょう。   Read More

東京湾アクティビティ

魅惑のひと時 東京湾といえば、楽しむことが出来るアクティビティと言うと屋形船クルーズを思い浮かべます。東京都内に多くの乗船場があり気軽に誰でもクルージングを楽しむことが出来る。夏は「屋形船」と呼ばれる日本独特の雰囲気のある風情ある小型船で観光出来るほか、大型旅客船でダイナミックに船旅を満喫することもしばしば・・・東京湾クルーズを提供しているクルーズ船の殆どではランチタイムやサンセットタイム、ディナータイムの3つの時間帯でサービスを提供しています。ランチタイムではダイナミックな東京の景観を楽しめてサンセットは東京湾に沈む夕日だけでなく、空全体が青紫の幻想的な空間を演出してくれて何ともロマンチックでディナータイムでは東京湾ならではのロマンチックな夜景を楽しみながら、食事とお酒を嗜み最も女子がご満悦!! シチュエーションに合わせて 東京湾クルーズのランチタイムでは、太陽と青空の下で水平線に広がる大海原を眺めながら、食事を楽しめます。ランチタイムの為、サンセットタイムやディナータイムよりもリーズナブルな費用で利用できるのも魅力的でしょう。喧騒とした都会のイメージから一転して、リゾート地にいるかのような想いに浸れてわくわくどきどき!美味しい料理を食すのもおすすめです。料金には乗船料、サービス料、料理代全てが含まれます。東京湾クルーズのサンセットタイムでは、何といっても広大な空と大海原である東京湾だからこそ際立つトワイライトが魅力的です。水平線に沈む夕日は勿論のこと、ディンバータイムに楽しめる夜景も同時に楽しめるメリットが大きいです。又、ディナータイムと比較してもリーズナブルに利用できるため、景観の条件や食事内容を含めると東京湾クルーズの中でもお得な時間帯です!! 東京湾クルーズの中でも最も人気の高いディナータイムでは、東京湾ならではの夜景を楽しみながら特別な記念日に相応しい豪華な食事を堪能出来る事といえます。夜景を楽しめる場所は沢山あるが贅沢な時間、特別な空間を演出できるのはこの東京湾ディナークルーズの最大の魅力。デートや女子会、プロポーズなどここぞという特別な日に是非。勿論費用はほかの時間に比べれば上がるが、日にち指定でリーズナブルになるケースも。どの時間帯でもフォトジェニックで、素晴らしい時間になる事は間違いない事でしょう。どのクルージングタイムをお望み? Read More

斬新★東京観光

外国人に人気のスポット 東京観光は今や世界中から注目されて外国人観光客も急増しています。2020年のオリンピックが近づき更に東京観光の話題のはずせないスポットや穴場スポットが増加中です。定番スポットの下町浅草やアニメの聖地秋葉原を筆頭に新ランドマークのスカイツリーや豊洲市場も見どころ。スカイツリーは高さ634mの高さで展望台が2つあり観光名物のガラスの床が人気です。2012年にリニューアルされた東京駅の丸の内駅舎は新たに復元されて美しいシルエットで記念撮影がされています。丸の内側には皇居もあり江戸城の遺構として荘厳な面持ちを宮殿東庭や二重橋から見学出来ます。皇居外苑の歩道は約5キロのランニング聖地として外国人を含む多くのランナーが走っています。お隣の有楽町では高架下の居酒屋が話題沸騰で外国人に人気で恵比寿の飲み屋横丁、新宿の思い出横丁と並ぶ熱いスポットです。銀座は言わずと知れた大人の街で高級ブランド店が建ち並び銀座和光や三越に加えて銀座シックスや銀座プレイス、東急プラザといった大型商業施設が賑わいを見せています。土日には歩行者天国で銀ブラを楽しむ外国人がスマホを片手に記念撮影をしています。2013年に新しく生まれ変わった歌舞伎座タワーでは現在、多くの海外旅行者が一幕見席のチケットを苦も無く求める姿が見受けられます。歌舞伎や両国国技館の相撲観戦などで日本文化に触れて楽しんでいる様です。 ディープな穴場スポット  近年、アニメやアイドルなどのオタクの聖地である秋葉原は外国人の観光客で賑わいを見せてメイド喫茶やアイドルの劇場公演に参加しています。2012年に新宿歌舞伎町にオープンしたロボットショーレストランも巨大ロボットによる派手な演出、音響効果によるショーは人気のスポットで必見です。郊外に行くとサンリオピューロランドがあり人気のキャラクターハローキティを初め多くのサンリオキャラクターと触れ合いショーを楽しめる屋内型のテーマパークで中華系の観光客が多いようです。お台場にある江戸の町を再現した大温泉テーマパークも外国人の中でじわじわブームを巻き起こしている様です。以外に都内屈指のパワースポット明治神宮や標高599mの高尾山の薬王院も外国人が多く訪れています。晴れた日には山頂から富士山を臨むことが出来て都心からのアクセスも便利で郊外へ足を運ぶ観光客が増えた模様です。 Read More

東京で初体験!!

お勧め★インスタ映え 東京都は言わずと知れた世界有数の巨大都市。この日本の中心地である東京は人口1300万人が住み国内外から観光客が訪れて注目を集めたスポットも目白押し。2017年の流行語大賞に輝いたインスタ映え。現在でも多くの若者が最先端のスポットを取り上げてそのヒートアップは留まるところをしりません。ファッションやカルチャーの最先端をいく東京の街は刺激的なスポットが多く歴史を語る情緒ある建造物から美しい自然豊かな公園と相対してダイナミックな高層ビルや近代化されたアミューズメント施設とインスタグラム好きの女子が喜ぶお店やスポットで情報交換をしています。カワイイ!レトロ!アート!といったフォトジェニックなジャンルで紹介されています。その中でも特に若者が集まる渋谷や原宿は非日常的な空間とオシャレなカラフルなアイテムやインスタ映えの人気を集めています。対象年齢は10台から20代の若者が多いようですが近年では海外からの観光客も一際目立ち新宿、六本木、大人の街を演出するスポットから上野、浅草と言った定番スポットもSNS映えで世界に紹介しています。 レアな一押しスポットでは 東京に来たら必ず行ってみたいレアな場所と言えば渋谷のスクランブル交差点です。一日に10万人もの人々が行き交う様は外国人にも人気の場所で世界で一番混雑している交差点ではないでしょうか。又、東京のシンボルである東京タワーははずせないスポットです。春夏秋冬様々な雰囲気を醸し出してくれる都会そのもののシンボルです。ライトアップも見事な演出を披露して正にフォトジェニックと言って良いでしょう。意外なところで中央区にある勝鬨橋もライトアップが見どころのスポットです。ドラマのロケ地としても有名で撮影シーンに出くわす事もしばしばあるのでふらっと言ってみると意外なシチュエーションにでくわす事もあるかもしれません。一押しスポットでは墨田区役所やスカイツリーとアサヒビール本社と炎のモニュメントがコンパクトにまとめて見ることが出来るお得な場所も静かなブームを巻き起こしています。ほっこりするところでは2017年にリニューアルオープンした池袋にあるサンシャイン水族館も見どころです。天空のペンギンブースがインスタ映えすると人気で高層ビルを背景に泳ぐペリカンやカワウソショーも話題性に富んでファミリーやカップルが訪れています。 Read More

東京湾とは?

その昔 東京湾とは一般的には、房総半島 西側の洲埼 (千葉県館山たてやま市)と三浦半島の剱埼(神奈川県三浦市)を結ぶ線より北の水域で1380キロ平方メートルの範囲をいいます。横浜港や東京港など大きな港が6つもあって、人々の暮らしや産業を支えている様々な貨物を積んだ船が通過するとても重要な海域です。東京湾(江戸湾)は多種・大量な魚介類を産しておりかつては世界最大の人口を誇った大都市・江戸の人々の胃袋を満たしてきました。東京湾における漁業の歴史は、約9000年前の縄文時代にまでさかのぼることが出来ます。その当時の貝塚からは、マアジやクロダイ、スズキ・コチ、ボラ・フグ類・サメ類・マカジキ・へダイなどなどの魚の骨の他にもアサリやシオフキ・オキシジミ・キサゴ・ハマグリと言った貝殻が出土していました。その後、武士階級の台頭、江戸城築城などで人口が増加してこれに伴い漁業も発達しました。最も大きく発展したのは江戸時代であり江戸幕府の成立により関西から進んだ漁具や漁法が取り入れられました。その後、江戸の人々の食用としての漁業も盛んになり漁獲量は不明ですが種類は現在漁獲されているものとあまり変わらない様です。この頃には漁民も移住して東京湾の漁業は大いに進歩しました。江戸時代前半の東京湾漁業は、肥料用のイワシ漁が中心だったようです。 近代では 東京湾は近代に入るとタンカーなどの大型船が1日約500隻も出入りしており海上交通の要所であるマラッカ海峡の2倍弱ともなっています。この時期には、漁法も今日見られるものがほぼ出揃いました。明治時代以降には沿岸や流入河川の流域では都市化・工業化が進み、埋立地拡大に伴う干潟など自然海岸や浅瀬の減少や水質悪化が深刻になりました。特に1970年代に環境汚染はピークを迎えて海の生き物は激減し、一時は「死の海」とまで呼ばれる状態になりました。その後、環境保全の取り組みが進み様々な生き物が豊かな生態系を取り戻しつつある。水質の改善も進んできました。一方、水質改善により東京湾には多くの種類の生き物が戻ってきたものの個体数はそこまで増えていない様です。実際に東京湾の漁獲量は、2000年に入っても環境汚染のピークだった1960年代、1970年代から増えておらず、横ばいが続いています。水産業のみならず、産業や観光とまさに関東を代表する湾である事は間違いないでしょう。   Read More

1 2